ディズニーの年パス廃止の理由は?値段・復活予想とうざいと思っている人の真相も!

東京ディズニーリゾートに一年に何度も行くなら、年間パスポートを買いたい人は多いと思います。

行けば行くほど、コスパが良いですから、当然ですよね。

ですが、現在のところ東京ディズニーリゾートでは、年間パスポートの販売をしていないようです。

この記事では、

  • ディズニーの年間パスポートの販売をしていない理由
  • いつから年間パスポートの販売をしていないのか
  • 年間パスポートの販売はいつ復活するのか
  • 復活した場合の年間パスポートの金額予想
  • 年パスがうざいと思っている人の理由と真相

についてお答えします。

年間パスポートについて気になる方は、最後まで読んでくださいね。

ディズニーの年パス廃止の理由は?

ディズニーの年間パスポートがなくなった理由は、2020年の新型コロナウイルス感染症の流行です。

政府からの外出自粛要請や国内外の観光客の減少でディズニーへの来場者数が急激に減少したことでサービスの提供が困難となったためです。

また、お客様の安全と健康を最優先に考えた結果、年間パスポートの継続によるクラスターの感染リスク軽減のため中止(廃止)を決定しました。

ディズニー公式サイトでは、厳密に言うと、廃止ではなく販売休止という表現になっています。

ディズニーの年パス廃止はいつから?

ディズニーの年間パスポートは2020年7月に販売を一時休止しました。

その後、新型コロナウイルス感染症の流行はおさまりましたが、ディズニーリゾートの年間パスポートの販売は再開されていません。

現在のところ、販売再開の予定も未定です

ディズニーの年パス復活はある?

ディズニーの年パスが復活する理由を予想

ディズニーの年間パスポートが復活する理由は、安定したゲストと収益の確保になるからです。

年間パスポートは1デーチケットの何倍も高額です。

そのため、年間パスポートを購入した人は、定期的にパークに入園します。

安定したゲストが見込めることで、安定したサービスを提供でき、いいサイクルが生まれます。

そのため、年間パスポートの復活もあり得ると考えられます。

ディズニーの年パスが復活しない理由を予想

ディズニーの年間パスポートが復活しない理由は、東京ディズニーシーの新エリア・ファンタジースプリングスのオープンによるゲストの増加が考えられます。

年間パスポートが復活していない現在でもゲスト数は増加しているので、年間パスポートを購入したゲストまでの対応は難しいのではないでしょうか。

混雑しすぎている状況が長く続くとゲストの満足度が低くなり、再来園するゲスト数の低下につながってしまいます。

そのため状況が落ち着くまでは、復活しない可能性が高いです。

ディズニーの年パス廃止が嬉しい人がいる?

ディズニーの年パス廃止が嬉しいと思う人ってどんな人?

年間パスポートを保有したゲストがパークにいることをよく思わない人は、年間パスポートの廃止を嬉しく感じているかもしれません。

年間パスポートを保有しているゲストがいなければ、パーク内のゲスト数がその分少なくなるからです。

安くないチケットを購入しているので、ゲストが少ないほうが快適に過ごすことができますからね。

ディズニーの年パスがうざい・やめてほしいと思っている人の意見

年間パスポートのゲストのマナーの悪さをよく思っていない人は多いです。

ショーやパレードの場所取りを開園直後からするゲストもいたようです。

また、転売目的の年間パスポートのゲストもいたと言われています。

パーク入場者限定で購入できるグッズを販売初日に買いに来るので、一般のゲストの買い物に支障をきたしていました。

また、年間パスポートのゲストは来園回数が多いわりにパーク内でお金を使わないので、ディズニーリゾートの売り上げが増えないという問題もあったようです。

ディズニーの年パスの値段はいくら?

廃止前のディズニー年パスの値段

廃止になる前のディズニーの年間パスポートの値段をまとめました。

  • 2パーク年間パスポート
    • 大人・中人:99,000円(税込)
    • 小人:57,000円(税込)
    • シニア:85,000円(税込)
  • 1パーク年間パスポート
    • 大人・中人:68,000円(税込)
    • 小人:40,000円(税込)
    • シニア:58,000円(税込)

ディズニーの年パスが復活したら〇〇円~になると予想!

ディズニーの年間パスポートが復活する場合、

2パーク年間パスポートは120,000円(大人・中人)

1パーク年間パスポートは90,000円(大人・中人)

くらいになるのではないでしょうか。

その背景には、2024年6月にディズニーシーの新エリア【ファンタジースプリングス】がオープンし、

2027年にディズニーランドの【スペースマウンテン】や【トゥモローランド】のリニューアルにより、チケットのさらなる値上げが考えられるからです。

ディズニーの年パスに学割はある?

ディズニーの年間パスポートに学割はありません

ただし年齢区分により金額が異なるので、当てはまる年齢区分を確認しましょう。

「ディズニー 年パス 廃止 理由」を検索する人がよく思う疑問4選

ディズニーの年間パスポートは復活するのか?

現時点では未定です。

当面の間、年間パスポートの販売再開の予定はないようです。

ディズニーシーの新エリア【ファンタジースプリングス】がオープンした後に復活するかもしれません。

ディズニーの年パスは停止されたのですか?

ディズニーの公式サイトによると、年間パスポートの販売は休止しています。

2020年7月より休止中で、現時点では販売再開の予定はありません。

東京ディズニーランドの年間パスポートはいくら?

2020年7月までの年間パスポートの金額は以下のとおりです。

2パーク年間パスポートは大人・中人が99,000円(税込)

1パーク年間パスポートは大人・中人が68,000円(税込)

現在は年間パスポートの販売を休止中のため、再開されるときにいくらになるかは未定です。

ディズニー ファストパス いつなくなった?

【ディズニー・ファストパス】は、2023年6月に終了しました。

その後、2023年7月26日より【東京ディズニーリゾート40周年記念プライオリティパス】が導入されました。

目次

まとめ

この記事では、

  • ディズニーの年間パスポートの販売をしていない理由
  • いつから年間パスポートの販売をしていないのか
  • 年間パスポートの販売はいつ復活するのか
  • 復活した場合の年間パスポートの金額予想
  • 年パスがうざいと思っている人の理由と真相

についてまとめました。

ディズニーの年間パスポートについて知りたいと思っていた方の参考になれば幸いです。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次